あなたの『やかん』の創り方を教えます。



意識の高いあなたならご存知かもしれません。

1750ドル


ある青年が、年老いた薬剤師から1750ドルでメモとやかんを買いました。 あのお湯を沸かすやかんです。


それは1887年、アメリカのジョージア州のことです。

時代背景を考えると、少々高価なやかんだと思います。

その青年にとっても全財産でした。



なぜ、そのような行動にでたのでしょう。



答えを知ってしまったら、あなたならもっと高額でそのやかんを買う事でしょう。

その価値がある『やかん』なのです。


その『やかん』の中身は、その後その青年はもちろん、周りの人々を始めとして関係した全ての人々を裕福にしました。

それはワールドクラスでです。


その『やかん』と創り方が書かれたアイデアメモは、世界中で物語を生み出し続けています。


その『やかん』から生まれたもの。

それは、【コカ・コーラ】です。



人は、毎日いくつかのアイデアを生み出すことがあります。 しかし、その価値に気づくことなく忘れ去られています。

そのアイデアは、もしかしたらあなたの『やかん』なのかもしれないのに。



あなたは自分をどのように認識しているのでしょうか?


「アイデアを生み出すクリエイター的な人物」なのでしょうか?

「アイデアを実現させるプロデューサー的な人物」なのでしょうか?


あなたの側にいる、その人はどうなのでしょう?

私はいま、あるプロジェクトをプロデュースしています。

それは、あるアーティスト志望の女性との出逢いから生まれたプロジェクトです。

その女性は、とても可愛らしい方です。 しかし、スカウトが飛びつくような絶世の美女という訳ではありません。 年齢も、女性タレントの売りの旬といわれる時期は過ぎているのでしょう。


しかし、たったひとつ

これは持ち合わせている人が実に少ないのですが、

「本気で叶えようという意志」をお持ちだったのです。


僕は、自己啓発の本が好きです。 特に思考は現実化するといったジャンルは大好きです。


思考は現実化することを学んでいるプロデューサーと、 本気で成功すると考えているアーティスト志望の女性が出逢う。


それこそ、『やかん』が手に入ったということです。

何が起こるのか分からないのが世界です。


その世界の流れを読むのが優秀なプロデューサーです。 そして、世界の流れを創るのが最優秀のプロデューサーです。



『やかん』を創る、その『やかん』の最高の売り方を創る。


これから、このブログでは、

『やかん』の創り方

そして、最高の『やかん』のマーケティングについてこれから書いていきたいと思います。

ここで少しだけ自己紹介をさせてください。


私、篠原有利は舞台俳優としてキャリアをスタートさせました。

そして演出家に転向しました。


事務所にいたころは作品を創る事だけやっていればよかったのですが、ある映画がトラブルで制作中止に追い込まれてしまい、責任を取らされる形で辞職に追い込まれ、負債を全て背負うことになりました。

それまで一度も見たことのない額をいきなりマイナスとして背負い、しかも事務所はクビ。 人生真っ暗でした。


そこで諦めてしまうという選択もあったと思うのですが、私は何故こうなってしまったのかと考える事になりました。

何故、そのような失敗をしたのか?



その部分に徹底してフォーカスして、どうすれば失敗しなかったのか?どうすればリカバリーできるのかを徹底して研究していきました。


その時の経験は、私のビジネスを創ることに大きな役割を果たします。

それまで『常識』とみていたことは全て時代遅れとなっていたのに、それに目を向けないでいる組織(企業)の在り方が見えてきました。



私は個人で起業して、組織に頼らない独自のビジネスの展開を創作していきました。

また、私は人見知りであまり人とつるむことを好まない、飲み会などが苦手であることをはっきりと個性として前面に出していき、また家族を顧みない仕事漬けの在り方も否定することで、篠原有利の仕事術というブランドを築き上げました。



私の仕事術は、個人でやられている方にとても向いていると思います。 また、家族を大事にして、時間を大切にされている方にも向いていると思います。

これまでの『組織』に寄り添った、個性を無くしていくビジネスではなく、 『個』の価値を最大に生かしたビジネスの創り方


あなたらしい『やかん』の創り方をこれから書いていきます。

どうぞ、あなたらしい自己実現にお役立てください。




篠原有利

10回の閲覧

最新記事

すべて表示

成功は、たったひとつのコツしかない。

僕は仕事がら打ち合わせが多いのですが、 パソコンは持ち歩かないことにしています。 理由はいくつもあるのですが(重いから・・・も、そのひとつです) 僕はいつもボロボロの手帳を携帯しています。 その手帳は毎年新春に買い直すのですが、春にはもうボロボロです。 そこにはぎっしりと、 時には自由に 謎の文字(らしきもの)や 図形(らしきもの)や 絵(たぶん、らしきもの)が描かれています。 それは、解読するの

願いごと、叶っていますよ。

願いごとが叶わないってよく聞きます。 ・・・・・・? 僕からしたら、バッチリ叶っていますとしか言いようがないです。 歌手になりたいと口で言うだけで 実際は、バイトしかしなくて ウチに帰ってTwitterにぼやいて で、寝て また起きてバイト行って・・・ あなたは時給900円を貰うという願いを実現しています。 良かったね、夢が叶って。 それで文句を言っても 神様も「えっ!違ったのっ!?」ですよ。 あ

篠原有利の打ち合わせSTYLE(その2)

いきなりで申し訳ないのですが、 僕自身、打ち合わせず好きではありません(笑) いや、ホント・・・・ 正直に言いましたら 誰にも会わずに、アトリエに閉じこもって 作品に集中して 発表して、はい終わり 理想的です( ´艸`) でも、そうはいかないのが現実 ひとつの作品を生み出すためにはやっぱりたくさんの方々とのやり取りが必要になっています。 それをビジネスにするにはもっとです。 しかし、ひとつの打ち合