あなたは、どの道を選びますか?


2018-05-06 08:24:45


ある男性が、ミュージシャンになる為に高校を中退しました。

しかし、なかなか芽が出ることは無く、次第に誰も自分の歌を聴かないのではないのかと自信を失いました。

あの時の自分の決断は間違いだったのではないかと疑うようになりました。

遂には無一文になり、コインランドリーで寝泊まりするホームレスになりました。

支えてくれた恋人も去りました。

自分にはもう何もない。

あんな美しい女性と付き合えるなんてまぐれだった。

もう死ぬしかない。

そう感じた男性は、自殺をしようとします。

しかし、それを止めることにしました。

生きるという選択をして、

それを行動に移しました。

彼の名はビリー・ジョエル。

このように、あんな大物でさえ誰からも受け入れられない時代はあったのです。

苦しい時代は、出来れば過ごしたくないものです。

それが怖くて、ほとんどの人は決断をすることができません。

私はよく芸術家志願の人から「どうやったら食っていけますか?」と質問されます。

その時には「食っていけなくてもやってやるという気持ちを持つ事」とアドバイスします。

ビリーは、そうやって苦しい時期があったから

考え、行動し、

人の心を打つ作品を創れるようになったのだと思います。

もし、あなたが迷っているのなら

すこしだけ決断を促すことを書きますね。

人は、何かを決断して行動している人は輝くのです。

その光は人を魅了します。

あなたは、人に優しく接するのです。

そうすれば、あなたの輝きに魅了され、優しさに触れた人は

あなたの仲間になります。

その人は、あなたが壁に当たった時に

ドアをつけてくれたり、はしごを用意してくれたり、トンネルを掘ってくれるかもしれません。

あなた次第で、

その壁は怖くなくなります。

壁を壊す専門家としての意見です。

最新記事

すべて表示

成功は、たったひとつのコツしかない。

僕は仕事がら打ち合わせが多いのですが、 パソコンは持ち歩かないことにしています。 理由はいくつもあるのですが(重いから・・・も、そのひとつです) 僕はいつもボロボロの手帳を携帯しています。 その手帳は毎年新春に買い直すのですが、春にはもうボロボロです。 そこにはぎっしりと、 時には自由に 謎の文字(らしきもの)や 図形(らしきもの)や 絵(たぶん、らしきもの)が描かれています。 それは、解読するの

願いごと、叶っていますよ。

願いごとが叶わないってよく聞きます。 ・・・・・・? 僕からしたら、バッチリ叶っていますとしか言いようがないです。 歌手になりたいと口で言うだけで 実際は、バイトしかしなくて ウチに帰ってTwitterにぼやいて で、寝て また起きてバイト行って・・・ あなたは時給900円を貰うという願いを実現しています。 良かったね、夢が叶って。 それで文句を言っても 神様も「えっ!違ったのっ!?」ですよ。 あ

篠原有利の打ち合わせSTYLE(その2)

いきなりで申し訳ないのですが、 僕自身、打ち合わせず好きではありません(笑) いや、ホント・・・・ 正直に言いましたら 誰にも会わずに、アトリエに閉じこもって 作品に集中して 発表して、はい終わり 理想的です( ´艸`) でも、そうはいかないのが現実 ひとつの作品を生み出すためにはやっぱりたくさんの方々とのやり取りが必要になっています。 それをビジネスにするにはもっとです。 しかし、ひとつの打ち合