アーティストで生活するには?

アーティストはひとりひとりが経営者でなくてはならないとはよく言ってます。

たぶん、フリーで活動している人はそれが身に染みている事だと思います。

それなのに収入の殆どがバイトによるもので

バイトとはいえ生活を支えるとなったら、もはや本職と言えるほどに時間を増やさないといけませんね。

本当に、

キチンとお金の正体と向き合わないといけないと思っています。

プロとしてやっていくなら、本当のプロになるべきです。

少しでもお金に敏感になったら、LIVEの作り方とかにも気を遣うことになります。

まず、キチンと収支計算ができる事なのですが、正直LIVEのチケット代だけで黒字になるなんて幻想はもう無いものとして話を進めます(え!?そうなの?と思っている方には後日お話しします)

LIVEを開催して収入の根幹にあるのは、グッズの販売かと思います。

アイドルならば、チェキなど大きな収入源とされてますよね。

それは大いに結構です。

では、今日のあなたのLIVEを振り返ってみましょう。

ほら、あなたはアーティストではなく、『歌うタオルの行商人』になってはいませんか?

僕が見たところ、多くの方が失敗しているのがここ。

えげつない(笑)

もっとアーティストとしての自分をきちんとブランディングしてからでないと、タオルの押し売りみたいですよ。

今日、無理やり売り込んだから買ってもらってますが、二度とあなたのLIVEには行きたくないと思いますよ?

自分のブランディング、出来ていますか?

さて、今の芸能界でもっともブランディングが出来ていて、グッズも価値が出ている人は誰でしょう?

こういった戦略のパイオニアでもありますね。

それは矢沢永吉さんです。

自分の世界観をしっかりと表現して、それを追求する様は多くの男性陣の憧れとなっています。

そして、あの曲たちのノリ。

そりゃ、タオルが必需品になりますよね。

『カッコイイ』+『必需品』

それは売れますよ。

あなたの戦略はどうすればいいのか、

ヒントは、あなたの理想の活動にあると思いますよ。

最新記事

すべて表示

成功は、たったひとつのコツしかない。

僕は仕事がら打ち合わせが多いのですが、 パソコンは持ち歩かないことにしています。 理由はいくつもあるのですが(重いから・・・も、そのひとつです) 僕はいつもボロボロの手帳を携帯しています。 その手帳は毎年新春に買い直すのですが、春にはもうボロボロです。 そこにはぎっしりと、 時には自由に 謎の文字(らしきもの)や 図形(らしきもの)や 絵(たぶん、らしきもの)が描かれています。 それは、解読するの

願いごと、叶っていますよ。

願いごとが叶わないってよく聞きます。 ・・・・・・? 僕からしたら、バッチリ叶っていますとしか言いようがないです。 歌手になりたいと口で言うだけで 実際は、バイトしかしなくて ウチに帰ってTwitterにぼやいて で、寝て また起きてバイト行って・・・ あなたは時給900円を貰うという願いを実現しています。 良かったね、夢が叶って。 それで文句を言っても 神様も「えっ!違ったのっ!?」ですよ。 あ

篠原有利の打ち合わせSTYLE(その2)

いきなりで申し訳ないのですが、 僕自身、打ち合わせず好きではありません(笑) いや、ホント・・・・ 正直に言いましたら 誰にも会わずに、アトリエに閉じこもって 作品に集中して 発表して、はい終わり 理想的です( ´艸`) でも、そうはいかないのが現実 ひとつの作品を生み出すためにはやっぱりたくさんの方々とのやり取りが必要になっています。 それをビジネスにするにはもっとです。 しかし、ひとつの打ち合