フリーランスほど、カスタマーサービスを大切にしなければならない。


2018-04-30 23:55:07


これは良し悪しなのですが、とくに女性はSNSなどで変なメールとかの対策が必要となっている世の中です。その辺の対策については後日書くことにしますが、やはり、個人で活躍する以上、連絡に対しての対応は必要になります。

仕事の依頼など、不特定多数からのメール、メッセージなど

いつ、誰から入るか分からない状況です。

そんな連絡に対して、返事をしないのは少々問題があるかもしれませんね。

フリーランスで活動する以上は自分が経営者です。

ビジネスの世界でレスポンスが遅いというのは、仕事が出来ないということを証明しているようなものです。

連絡をしてきたのも人間です。

感情を持っていますし、イベントの主催者などは、多くのリスクを背負っています。

あなたが連絡が遅れるというのは、他の関係各位に大迷惑をかけている事になります。

受けるにしろ、断るにしろ、連絡はきっちりすべきですね。

その為にも、連絡先の確定化。

これは必要になっています。SNSのダイレクトメール機能を使うのも便利ですが、それこそマナーの悪い人もいますから、ここはビジネス用のメールアドレスを用意することをお勧めします。

Gmailはスマホとパソコンの共有がしやすいので僕はよく使っています。

次に、質問事項のテンプレートを用意しておくこともお勧めします。

イベント趣旨や、スケジュール、場所、連絡先など。

相手に失礼のない、それでいてハッキリと自分のご都合も用意しないといけません。

ギャラの提示も必要でしょう。

ノーギャラでも、イベントの趣旨に賛同して、自分の演奏やパフォーマンスを寄付するということでボランティア出演などはありだと思いますが、そのスタイルにもよりますが、極力無料出演は避けたいものです。

要するに、コミュニケーションをとれないと仕事は出来ないということです。

僕は、アーティスト活動とマネジメント業務は全く違う脳を使うので両立は難しいと思っています。

僕は、日替わりでやったり、どちらも得意分野でしたので両立できていますが、それでも不便な面はあります。

もし、マネジメント部分で不都合を感じたら、フリーランスのマネジメント・コンサルタントを雇う事を視野に入れてみてはいかがでしょう?

それは何だ?

6月16日に発表いたします(笑)

それはさておき、大切なのはコミュニケーションとお書きしましたが、営業の(CD発売イベントのご招待メール)で思いっきり名前を間違えていらっしゃる方もいらしたので、お気を付けください。

客は去りますよ(笑)

最新記事

すべて表示

成功は、たったひとつのコツしかない。

僕は仕事がら打ち合わせが多いのですが、 パソコンは持ち歩かないことにしています。 理由はいくつもあるのですが(重いから・・・も、そのひとつです) 僕はいつもボロボロの手帳を携帯しています。 その手帳は毎年新春に買い直すのですが、春にはもうボロボロです。 そこにはぎっしりと、 時には自由に 謎の文字(らしきもの)や 図形(らしきもの)や 絵(たぶん、らしきもの)が描かれています。 それは、解読するの

願いごと、叶っていますよ。

願いごとが叶わないってよく聞きます。 ・・・・・・? 僕からしたら、バッチリ叶っていますとしか言いようがないです。 歌手になりたいと口で言うだけで 実際は、バイトしかしなくて ウチに帰ってTwitterにぼやいて で、寝て また起きてバイト行って・・・ あなたは時給900円を貰うという願いを実現しています。 良かったね、夢が叶って。 それで文句を言っても 神様も「えっ!違ったのっ!?」ですよ。 あ

篠原有利の打ち合わせSTYLE(その2)

いきなりで申し訳ないのですが、 僕自身、打ち合わせず好きではありません(笑) いや、ホント・・・・ 正直に言いましたら 誰にも会わずに、アトリエに閉じこもって 作品に集中して 発表して、はい終わり 理想的です( ´艸`) でも、そうはいかないのが現実 ひとつの作品を生み出すためにはやっぱりたくさんの方々とのやり取りが必要になっています。 それをビジネスにするにはもっとです。 しかし、ひとつの打ち合