プロっぽいとプロは別物


2018-04-19 13:00:41


よく質問を受けるのは

「どうやったら〇〇になれますか?」ということ。

その質問に僕は丁寧に答えますが、

その質問をされる方の実に多くの人がその答えに落胆します。

質問をされる方は、「いかに何もしないで成功できるのか?」を聞いているのです。

初めからそう聞いてくだされば(笑)

あなたが、どんな姿をもって成功と呼ぶのかは知りませんが、

それっぽく魅せる事は出来ます。

しかし、それとプロとしての成功はまったくの別物です。

皆さんは『一万時間の法則』ということを知っていますでしょうか?

誰でも一万時間を集中して従事したらプロになれるということです。

一万時間、つまりフルタイムで働いて三年ほどですね。

職場でも三年間、一生懸命にやっている人は戦力ではないですか?

しかし、その三年間をテキトーに流していては、いつまでも三流のままです。

僕は『一万時間』について調べてみましたら

ものすごくたくさんの『一万時間の嘘』みたいな記事が検索で出てきました。

ようするに一万時間なんて使う必要が無いという事です。

成功の種類にもよる、と僕は言いました。

そうです、例えばあなたがテレビに出たいとだけ願うのなら『一万時間』なんて必要ありません。ラジオなんて数万払えば自分の番組もてますよ?

プロっぽくふるまうことは出来ます。

そして世界はプロっぽくふるまうう人ですでにいっぱいになっています。

さて、あなたはそんな人たちの作り出すものを買いますか?

それっぽく魅せる事だけに従事して中身のないものを垂れ流している。

誰かのセミナーに行ったりして、聞いたことを自分の中に熟成させることなくコピペしてセミナー講師を名乗っている。

よい世の中になりました。

本気で言ってますよ(笑)

だって、世界はどんどん可視化されていってます。

全てがばれる時代が始まろうとしています。

本物が必要とされる時代がそこまで来ています。

さぁ、本物のプロの皆さん

活躍の時が来ましたよ。

最新記事

すべて表示

成功は、たったひとつのコツしかない。

僕は仕事がら打ち合わせが多いのですが、 パソコンは持ち歩かないことにしています。 理由はいくつもあるのですが(重いから・・・も、そのひとつです) 僕はいつもボロボロの手帳を携帯しています。 その手帳は毎年新春に買い直すのですが、春にはもうボロボロです。 そこにはぎっしりと、 時には自由に 謎の文字(らしきもの)や 図形(らしきもの)や 絵(たぶん、らしきもの)が描かれています。 それは、解読するの

願いごと、叶っていますよ。

願いごとが叶わないってよく聞きます。 ・・・・・・? 僕からしたら、バッチリ叶っていますとしか言いようがないです。 歌手になりたいと口で言うだけで 実際は、バイトしかしなくて ウチに帰ってTwitterにぼやいて で、寝て また起きてバイト行って・・・ あなたは時給900円を貰うという願いを実現しています。 良かったね、夢が叶って。 それで文句を言っても 神様も「えっ!違ったのっ!?」ですよ。 あ

篠原有利の打ち合わせSTYLE(その2)

いきなりで申し訳ないのですが、 僕自身、打ち合わせず好きではありません(笑) いや、ホント・・・・ 正直に言いましたら 誰にも会わずに、アトリエに閉じこもって 作品に集中して 発表して、はい終わり 理想的です( ´艸`) でも、そうはいかないのが現実 ひとつの作品を生み出すためにはやっぱりたくさんの方々とのやり取りが必要になっています。 それをビジネスにするにはもっとです。 しかし、ひとつの打ち合