ラーメンは難しい。

ラーメンって好みが分かれて難しいと思っています。

拘ったお店程ほど、そのこだわりの方向性って客を選んでいると思います。

僕は、たいてい誰かに勧められたお店は苦手なことが多いです。

そのこだわりの方向性が僕の指向とは違うだけで、

それらのお店はやっぱり強いファンに支持されています。

アーティストの生き方って、そこにヒントがあると思うのです。

個性は大切です。

それは、ある一部の人を拒絶するかもしれません。

しかし、そのこだわりを愛する人にとっては最高なものになると思います。

八方美人よりも、こだわりの個性派。

どんなに優れたインスタント・ラーメンが誕生しても、

こだわりのラーメン店に行列が途絶えないのは、

そういう事なんでしょうね。

最新記事

すべて表示

成功は、たったひとつのコツしかない。

僕は仕事がら打ち合わせが多いのですが、 パソコンは持ち歩かないことにしています。 理由はいくつもあるのですが(重いから・・・も、そのひとつです) 僕はいつもボロボロの手帳を携帯しています。 その手帳は毎年新春に買い直すのですが、春にはもうボロボロです。 そこにはぎっしりと、 時には自由に 謎の文字(らしきもの)や 図形(らしきもの)や 絵(たぶん、らしきもの)が描かれています。 それは、解読するの

願いごと、叶っていますよ。

願いごとが叶わないってよく聞きます。 ・・・・・・? 僕からしたら、バッチリ叶っていますとしか言いようがないです。 歌手になりたいと口で言うだけで 実際は、バイトしかしなくて ウチに帰ってTwitterにぼやいて で、寝て また起きてバイト行って・・・ あなたは時給900円を貰うという願いを実現しています。 良かったね、夢が叶って。 それで文句を言っても 神様も「えっ!違ったのっ!?」ですよ。 あ

篠原有利の打ち合わせSTYLE(その2)

いきなりで申し訳ないのですが、 僕自身、打ち合わせず好きではありません(笑) いや、ホント・・・・ 正直に言いましたら 誰にも会わずに、アトリエに閉じこもって 作品に集中して 発表して、はい終わり 理想的です( ´艸`) でも、そうはいかないのが現実 ひとつの作品を生み出すためにはやっぱりたくさんの方々とのやり取りが必要になっています。 それをビジネスにするにはもっとです。 しかし、ひとつの打ち合