凡人成功術

最終更新: 2018年6月11日

すべての超人が成功しているわけではありません。

 突き抜けた凡人は何気に稼ぎます。

 僕が俳優として事務所に所属していたころの話です。 当時の僕は20代の前半。それなりに器用に仕事が出来てわき役としてそれなりにお仕事を頂いていました。

 僕はとりたててイケメンでもなく、どちらかというと無個性な顔立ちでしたので、強烈な個性を出す俳優には劣っていると思っていました。

 それで個性を出そうとしたのですが、外見の無個性ぶりは変えようもなく惨敗続き。

 そこで開き直って「カリスマ性の無さが武器」と思うようにしました。

これは今でも強い武器になっています。 

この個性の無さがひとつの信用となって、僕は多くの現場に読んでいただけるようになりました。 

『凡庸』が僕の強い武器となりました。

このように、足枷だと思っていたことが視点を変えたら長所になるのです。 

 今も、このボーっとした顔は重宝しています。

 講師として教壇に立った時に、皆さんリラックスしてくださいます。 

 本音を言うと、危険な香りがする男には憧れましたけどね(笑)

 #篠原有利のブログ

 #凡庸は武器。 

#俳優

#凡人 #無個性 #わき役

#篠原有利

#アーティストで起業 #福岡 #ビジネス #劇団

#KANAU『場』

最新記事

すべて表示

成功は、たったひとつのコツしかない。

僕は仕事がら打ち合わせが多いのですが、 パソコンは持ち歩かないことにしています。 理由はいくつもあるのですが(重いから・・・も、そのひとつです) 僕はいつもボロボロの手帳を携帯しています。 その手帳は毎年新春に買い直すのですが、春にはもうボロボロです。 そこにはぎっしりと、 時には自由に 謎の文字(らしきもの)や 図形(らしきもの)や 絵(たぶん、らしきもの)が描かれています。 それは、解読するの

願いごと、叶っていますよ。

願いごとが叶わないってよく聞きます。 ・・・・・・? 僕からしたら、バッチリ叶っていますとしか言いようがないです。 歌手になりたいと口で言うだけで 実際は、バイトしかしなくて ウチに帰ってTwitterにぼやいて で、寝て また起きてバイト行って・・・ あなたは時給900円を貰うという願いを実現しています。 良かったね、夢が叶って。 それで文句を言っても 神様も「えっ!違ったのっ!?」ですよ。 あ

篠原有利の打ち合わせSTYLE(その2)

いきなりで申し訳ないのですが、 僕自身、打ち合わせず好きではありません(笑) いや、ホント・・・・ 正直に言いましたら 誰にも会わずに、アトリエに閉じこもって 作品に集中して 発表して、はい終わり 理想的です( ´艸`) でも、そうはいかないのが現実 ひとつの作品を生み出すためにはやっぱりたくさんの方々とのやり取りが必要になっています。 それをビジネスにするにはもっとです。 しかし、ひとつの打ち合