成功は、たったひとつのコツしかない。

最終更新: 2019年5月10日



僕は仕事がら打ち合わせが多いのですが、

パソコンは持ち歩かないことにしています。

理由はいくつもあるのですが(重いから・・・も、そのひとつです)

僕はいつもボロボロの手帳を携帯しています。

その手帳は毎年新春に買い直すのですが、春にはもうボロボロです。

そこにはぎっしりと、

時には自由に

謎の文字(らしきもの)や

図形(らしきもの)や

絵(たぶん、らしきもの)が描かれています。

それは、解読するのには時間が掛かるものの、打ち合わせや、突然舞い降りたアイデアを書き留めているもの。

もちろん、スマホやタブレットを活用することもあるけど、

僕にとってはこの手帳は重宝します。

そこに書かれているものは

『情報』ではないからです。

そこに在るのは、

浮かんだり、舞い降りたときの僕の『感動』だからなんです。

その興奮具合は、書きなぐられた文字にパワーとして表現されているし、書かれている内容もさることながら、書いている感情を忘れないためのメモにしています。

僕らの仕事は、

クライアントを

お客様を感動させること。

どれほどの【想い】がそこにあるのか

自分自身が誰よりも理解していないといけません。

お客様は、情報よりも、

それを得た『感動』が必要なのです。

さぁ、あなたに舞い降りたそのアイデアを

書いてみましょう。



#感動 #起業 #経営者 #自分の世界観 #あなたの価値

#創作者 #ビジネス #芸術家

#アーティストで起業

#篠原有利

最新記事

すべて表示

願いごと、叶っていますよ。

願いごとが叶わないってよく聞きます。 ・・・・・・? 僕からしたら、バッチリ叶っていますとしか言いようがないです。 歌手になりたいと口で言うだけで 実際は、バイトしかしなくて ウチに帰ってTwitterにぼやいて で、寝て また起きてバイト行って・・・ あなたは時給900円を貰うという願いを実現しています。 良かったね、夢が叶って。 それで文句を言っても 神様も「えっ!違ったのっ!?」ですよ。 あ

篠原有利の打ち合わせSTYLE(その2)

いきなりで申し訳ないのですが、 僕自身、打ち合わせず好きではありません(笑) いや、ホント・・・・ 正直に言いましたら 誰にも会わずに、アトリエに閉じこもって 作品に集中して 発表して、はい終わり 理想的です( ´艸`) でも、そうはいかないのが現実 ひとつの作品を生み出すためにはやっぱりたくさんの方々とのやり取りが必要になっています。 それをビジネスにするにはもっとです。 しかし、ひとつの打ち合

アーティストこそシンプルな形の起業です。

NEW!2018-06-10 22:37:56 将来の夢として、ミュージシャンになりたい、俳優になりたいという人をよく見てきました。 僕自身、その一人でした。 俳優として、10年間事務所に在籍して、それなりに仕事をしてきました。 早い段階でバイトをしなくて良かったのは運が良かったのだと思っています。 その10年間、特に後半の五年間の意識は【起業家】でした。 事務所に所属した当初はそれで俳優として売