有名になる前に、ちょっとだけ考えてみませんか?

あなたの行動の指標に『有名になる』とあるのかもしれません。

知名度は両刃の剣です。

あなたにとって、とても有益かもしれません。

反対に、あなたをダメにするかもしれません。

ずっと世界にある習慣、それは「出る杭は打つ」ということです。

あなたが、有名になる、ただそれだけを目指して露出を増やしテレビに出たところで、あなたの名前は知られるかもしれません。

しかし、あなたの存在は愛されるか?といえば、それはまた別の話です。

あなたに魅力があるのかどうかは、今回のテーマではありません。

問題なのは、あなたに『ビジョン』があるのかどうかです。

あなたが、表現者・創作者として活動していくための『ビジョン』と『ミッション』

僕は繰り返し言いますが、アーティストでいるということは『起業』と同じことだと言っています。

起業であるからには、ビジネスのビジョンとミッションは不可欠です。

例えば、近所に美容室が出来たとします。

そこはテレビでも紹介されるカリスマのいる店だとしましょう。

物珍しさで一度は行くかもしれません。

でも、その店に入っていって、「有名になりたいだけ」「お客さんは金づる」といった雰囲気を感じたら、あなたはリピーターになりますか?

雰囲気を察するのは簡単です。

そして、それを感じたら誰もが二度と行くことは無いでしょう。

このネット社会、有名なものは何でも餌食です。

SNSなどでバンバン叩かれ、有名なだけに誰もがその悪評だけを耳にするのでしょう。

これが、あなただったら?

『ビジョン』や『ミッション』を無いままに露出するとはそういうことです。

あなたは普通にテレビに出ていて、何も面白いことを言うでもなく、ただモテはやされている女性を好きになりますか?たぶんイラッとするのではないですか?

あなたはそうなりたいですか?

タレント事務所はそれでも収入になるから大喜びです。

駄目になったら代わりはいますし。

あなたはその部品になってもいいのですか?

あなたが全然聞いたことのないアーティストやグループが何万人もLIVEに集客しているのを見たことはありませんか?

知られることは大切ですが、知られるために必要な事を忘れないようにしてくださいね。