あなたのアートには価値がある。

皆さま初めまして。篠原有利と申します。

私は舞台演出をスタートに、現在は写真作家・映像作家として活動して、

そしてそのスキルを使い、アーティスト向けにコンサルタントをしています。

このブログでは主にビジネス面の事を書いていけたらと思います。

今、SNSなどの台頭により殆どの人たちが発信するツールを手に入れる事ができました。アーティストと観客の境界線が変わり、芸術というものが一つの革命期を迎えたと感じる人も多いと思います。

誰もがクリエイターになれる時代。それはクリエイターの職が無くなるのでしょうか?もともと俳優や歌手、クリエイター、アーティストを目指す方は言われてきたのではありませんか?

「そんな事で食っていけるか!?」

その意見には半分だけ賛同します。

いま、あなたはどうでしょう?あなたの作品は生活費を産むことは出来ていますか?

日々のアルバイトで生計を立て、スタジオ代や制作費を捻出していませんか?

では、そんな生活に追われながら創ったもののクオリティはどうでしょうか?

このブログは、これから表現者として、創作者としてこれを職業にしたいと思われる方に自分の知識や経験、またノウハウを書いていこうと思います。

恐らく皆さんは私の事をご存知ないと思います。

では有名ではないからダメだとお思いでしょうか?

私はそんなミーハー的な思考から逸脱することで、生活を犠牲にすることなく3LDKの分譲マンションに住み、新車(国産です)に乗れるだけの生活をしています。また、私のクライアントも生活保護を受けていたのに半年で個展を開けるまでになった方もいらっしゃいます。

去年と同じ来年を迎えるのか?

それとも橋を渡って違う景色を観るのか?

あなた次第です。


#アート起業


最新記事

すべて表示

成功は、たったひとつのコツしかない。

僕は仕事がら打ち合わせが多いのですが、 パソコンは持ち歩かないことにしています。 理由はいくつもあるのですが(重いから・・・も、そのひとつです) 僕はいつもボロボロの手帳を携帯しています。 その手帳は毎年新春に買い直すのですが、春にはもうボロボロです。 そこにはぎっしりと、 時には自由に 謎の文字(らしきもの)や 図形(らしきもの)や 絵(たぶん、らしきもの)が描かれています。 それは、解読するの

願いごと、叶っていますよ。

願いごとが叶わないってよく聞きます。 ・・・・・・? 僕からしたら、バッチリ叶っていますとしか言いようがないです。 歌手になりたいと口で言うだけで 実際は、バイトしかしなくて ウチに帰ってTwitterにぼやいて で、寝て また起きてバイト行って・・・ あなたは時給900円を貰うという願いを実現しています。 良かったね、夢が叶って。 それで文句を言っても 神様も「えっ!違ったのっ!?」ですよ。 あ

篠原有利の打ち合わせSTYLE(その2)

いきなりで申し訳ないのですが、 僕自身、打ち合わせず好きではありません(笑) いや、ホント・・・・ 正直に言いましたら 誰にも会わずに、アトリエに閉じこもって 作品に集中して 発表して、はい終わり 理想的です( ´艸`) でも、そうはいかないのが現実 ひとつの作品を生み出すためにはやっぱりたくさんの方々とのやり取りが必要になっています。 それをビジネスにするにはもっとです。 しかし、ひとつの打ち合