Produce

For

​IDEA

たとえば、

​新規事業

2020年から始まった混乱は「これまでの成功法則」を瞬時に過去のものとしてしまいました。

「こうすればうまくいく」は一切通用しなくなり、事業が立ちいかなくなった企業も多く見られます。社会環境の変化は、求められるものの形を変えました。

それに直面している皆さまがもっとも肌で感じていることだと思います。

 

 

「では、どうすれば?」

 

これは私たちOffice ELANが2020年もっとも伺った言葉です。

 

 

これまでの「Business」とは違う、新規の事業を立ち上げることがその解決策なのですが、そんなIDEAは簡単に生まれるものではありません。

 

 

・・・・・いいえ

 

 

私たちOffice ELANは

【IDEA FACTORY】です。

発想の種を提案し、そこに御社の持つ強みが加わった時に、誰もが考えられなかった【IDEA】を生み出すことが出来るのです。

​発想の種

これまで御社が得意としてきたもの、その歴史から様々な

言葉が生まれていると思います。

その言葉を時に「+」ときに「-」するところから新たなる

方程式を編み出す発想法をデザインします。

​発想の距離

 

とても身近にある「困りごと」を解決することは

ビジネスの基本です。

その「身近」に立ち返ります。その焦点を思いっきりミクロにすることで、それまでとは違った発想が生まれます。

​発想の視点

 

誰もがこちらから見ている「視点」でも、全ては「多面」であります。視点を変えることで御社の強みをより活かせるIDEAを生み出すことが出来ます。

​発想の本音

 

誰もがあたりまえと思っていることでも「本当はこうだったら」という願望があるものです。

そこにフォーカスして、独自の解釈でIDEAを溢れさせます。

​「発想をする」思考デザイン

 

考え方そのものをデザインすることで、

発想とは生まれます。

御社を「考えられる空間」にするためには

どうしたらいいのか?

どのような時に人は閃くのかを多角的に考え、

提案します。

発想タンクを創造します。

​時代を創るのは【発想】です