Success 

Performer

「誰も思いつかなかった世界一のアイデア

を思いついても、周りを説得できなければ

意味が無い」

 

 

 

あなたにはどんな【理念】がありますか?

 

 

あなたはその【理念】をどのように伝えますか?

 

 

その【理念】は伝わっていますか?

 

 

 

私はよくセミナーやトークライブの際に、

「私語推奨」「スマホいじりたい放題」

と宣言しています。居眠り用にブランケットを持参してもいいと書いたイベントがありました。

 

 

それは何故か?

 

 

私は思います。

どのような場合においても他に興味を奪われるような価値しかない話をするのはスピーカーの責任であると。

 

 

「企業で朝礼の際に居眠りをしている不届き者がいる」

「生徒が私の授業を聴こうとしない」

 

 

私の元にも多くのご相談が寄せられます。

 

残念ながら私にお答えできることはひとつしかありません。

「貴方様の努力不足」

誠実でありたいのでウソをつくことはできません。

 

 

話を聞いてくれないのは何故なのか?

 

ズバリ、あなたの話に興味が持てないからです。

もしくは、興味をもてるような「ストーリー」を感じないからです。

 

それでは無理に話を聞かせても記憶にはまったく残りません。

それどころか『無理強いされた』という不信感しかあなたの印象は無くなり、その時点で信頼関係を築くのは不可能になります。

 

 

 

ではどうすればいいのか?

 

 

篠原有利は俳優としての修行と研究を長年行ってきました。

わき役を演ずると自らのブランディングをして以降は、短い出演シーンに如何に自身を印象に残すのか(あるいは残さないのか)研究を重ねてきました。

 

 

その後、演出家として客観的に物語の語り方、登場人物の見せ方を徹底した探求心で調べ、実験・実践を重ねてきました。

 

 

 

「自身をどのように魅せることが出来るのか?」

その問いに関しては世界レベルの技術と実践データを持っています。

 

 

今もその実験・実践は止まることなく2018年6月に行われたセミナーでは

【あなたの価値】というテーマで、5時間(!)のトークライブも大成功。

エンディングでは多くの観客が涙を流す姿も。

 

 

篠原有利はその平凡な外見と、交友関係を控えていることから知名度も低く、登壇する際には『アウェイ』です。

観客の多くはお世辞の拍手で迎えますが、興味は『メイン・スピーカー』です。

 

 

篠原は常にその状況を喜びます。

そして魅せるのが

「主役を食う、アカデミー賞助演男優賞の戦い方」

です。

 

 

「俳優が輝くのは、その人にもっとも適した脚本と演出がかみ合う時」

 

 

出演のみならず、脚本・演出を手掛けてきた篠原の戦略は最大限に生かされます。

 

 

10分後に会場の空気はすべて「ホーム」に変わっています。

 

 

それは【技術】です。タネも仕掛けもある【技術】です。

 

 

その【技術】をあなたのものにしてみませんか?

 

 

 

 

 

 

【常識】

それを再定義できる能力を

もつ、これからの時代の

『セミナー講師』の

 

【革命】

 

 

​下記のフォーマットからご注文下さい。

(それぞれの決済ページに繋がります)

あなたの【理念】をもっとも素晴らしい物語として伝える12の技術!

舞台演出家として多くの俳優を指導する傍ら、

自身も人気のパブリック・パフォーマーとして活躍する篠原有利のスピーク技術の集大成をお届けします。

全12回の動画DVDとテキストによるシリーズ。

 

決済後、ホームページのメールフォームより貴方様のお名前、年齢、職業、お届け先住所、連絡先電話番号、連絡先メールアドレスをご記入し送信して下さい。

 

プレミアムプランは対面による指導を月に一度。及びメールやZOOMを利用したコンサルティングを月2回。

 

そして、あなたがセミナー等登壇される際には事前にリハーサルや演出を行います。

(ノーマルプランは動画とテキストのみ)

 

 

料金(全12回)

ノーマルプラン 100000円 【 動画・テキスト】

プレミアムプラン 250000円【動画・テキスト・徹底指導コサルティング】

 

出張費 

    

出張費は福岡県内に限り無料。

九州内の他県は7000円 それ以外は交通費実費+5000円。

PayPalで決済する

【ノーマルプラン 動画・テキストのみ】

100000円

PayPalで決済する

【プレミアムプラン】

250000円

あなたの【VISION】を

​不朽の名作にする。