​CREATIVE

創るのは「モノゴト」

 

モノを作るだけじゃない、

本当に創りたいのは「感情」

 

CREATIVEはいつも「半分」しか創れません。

本当の「作品」は、受け取った方々の「心に生まれた感情」です。

その瞬間が、それからの生活がとても幸せであるような

【エクスペリエンス―体験―】

を創りたい。だから、僕たちが創るのは「物」じゃなくて「モノゴト」なのです。

日本ではここ最近になってようやく認知されてきた言葉

【ブランディング】

それでも、本当の意味でそれが実現できているわけではありません。

 

 

優秀なデザイナーがカッコいいロゴを創ることはできても、

それがあなたの『理念』とズレていれば、

顧客の心に届くことはありません。

 

個人事業ならばなおの事『個性』が大切になってきます。

 

 

企業が持っている『理念』や個人の『個性』をもっとも

理想的な形に

「演出する」

明確なるヴィジョンを、伝わる言語にすることを、共に創造する。

 

 

あなたの『理想』という脚本をもっとも輝くように表現する演出家。

それが演出系戦略プロデューサーです。

私たちが提案するのは【エクスペリエンス】です。

 

情報や知識がすべてスマートフォンで完結する時代に、求められるものは

たった一つ【体験】です。

人の心に残らなくては、どんな「理念」も存在を許されません。

顧客の心にずっと大切に残る「作品」として御社の「心」を作品化します。

そうして生まれたストーリーは、観ている方々の気持ちに「共感」をもって染み込んでいきます。そう【体験】として。

 

そうした【体験】できるコンテンツを創造してマーケティングを仕掛けていく。

それがOffice ELANのクリエイティブ提案です。

IMG_0357.JPG
IMG_3319.JPG
IMG_1506.JPG
IMG_7038.JPG
IMG_0032.JPG

昨日言った

「こんなものがあればいいな」

​今日、創ろう。

トレンドは「今」

創るのは

「未来」

市場調査は大切だと思っています。

でも、そこに拘っていたら、

きっと遅れてしまいます。

モノゴトのスピードが速くなっている今、

それは去年の流行を着るようなもの。

だとしたら、先を視ていく。そうし創っていく

モノゴト。

それが僕らのクリエイティブ。

「あっ!」と閃くときって、

やっぱり切っ掛けはあると思う。

何か見た時、感じた時。

何かが脳の中でスパークする。

ちょっとした脳内ご褒美。

そんな「ご褒美」になるモノゴトを

創る。

それが僕らのクリエイティブ

閃くには

ひらめく「ワケ」がある、時には「創る」

ユニーク、

だけど

「普通」

それ、

NEO-

スタンダード

です。

ユニーク、だけど嫌じゃない。

案外フィットしてしまう。

変わっているけど奇抜とは違う。生活にピタッと寄り添っている。

真・個性のスタイル。

ちょっといい、モノゴトを創る。

それが僕らのクリエイティブ

やっぱり好かれたいと思う。

どっちかというと愛されたい。それも長く。

できたらずっと。

そんなモノゴトを創りたいとおもったら、

気持ちの源流はまちがいなく「シタゴゴロ」

・・・認めます。

それが僕らのクリエイティブ

源流は

「シタゴコロ」の時があります。

わりと、、、

平熱の

ヌクモリ。

36・5℃くらいに、少し冷静な平熱。

もちろん「熱い気持ち」で創るけど

受け取る側にはクールで爽やかに。

いつも一緒にいられるくらいの平熱な関係。

それが僕らのクリエイティブ

創る人の「顔」は見えるようにしたい。

そこに心って宿るから。

べったんこの製品じゃなくて、いっぱい考えて、愛されるモノゴトを創る。

農家がハッキリしている安心の野菜のように、信頼されるものを創る。

それが僕らのクリエイティブ

ブランドは「私」です。そんな

ちゃんとする「誠実」

感度レベルを上げてみる、

そんな

いいこと。

空がきれい、海が美しい。

デートの時って、ふだんと同じ景色でも綺麗に感じてしまうもの。

それって感度レベルが上がっているんだね。

そうなるようなモノゴトを創る。

それが僕らのクリエイティブ

どんなカッコいいデザインも、

どんなスタイリッシュなデザインも、

欲しくならなきゃ意味が無いし、

普段の生活にジャスト・フィットしていくことが大切。

ちょっとだけドラマティックで、

程よくスタンダード。

すぐに愛せるようなモノゴトを創る。

それが僕らのクリエイティブ

実行

持続

100%