スマホのカメラ機能の向上もあり

多くの人が、高性能のカメラを持つ時代になりました。

 

写真のスタイルも多種多様になっていきました。

 

時には楽しかった思い出の

『お土産』として

時には証明などの『情報』として

時には独自の表現を模索する『アート』

として

 

いま、プロのカメラマンの在り方が変わろうとしています。

 

 

篠原有利は『視線』を大切にしています。

 

被写体との関係性にこだわり、

語り合い、理解を深める撮影スタイル。

 

それは風景を撮るときも変わりません。

 

 

篠原有利の写真は、

その場の情報を切り取ることから

 

 

フレームの中に被写体の『想い・物語』

を紡ぐことへ向かっています。

 

 

それがPHOTO ROMANCIER

(寫眞小説家)としての役割です。